並行輸入品とは?正規品かどうかや安全性についてまとめてみた

並行輸入品 ファッション豆知識

みなさんは並行輸入品とは何なのかご存知ですか?

 

楽天やアマゾンなどの通販サイトでよく見かける文字ですが、知らない方は

  • そもそも並行輸入品って何?
  • 正規品なの?
  • 怪しいから買うのやめようかな……。

と思うのが当然です。

 

そこで今回は「正規輸入品とは何なのか」というテーマに沿ってお話していこうと思います。

よく見る並行輸入品とは?安全性について

並行輸入品

はじめに、並行輸入品とは、

通常のルートの一部を省いて輸入してきた商品のこと

です!

 

そして、気になる安全性に関しても基本正規品なので安全です

 

知らなかった人はびっくりしますよね(笑)

 

ただし、並行輸入品と偽って偽物を販売する悪質な手口も増えてきており、出品者のレビュー数や評価を参考に安全かどうか見極める必要が出てきました。

 

ちなみに、並行輸入品は1971年まで違法だったのですが、ある事件をきっかけに大丈夫になり現在に至るわけで、他国では未だ違法なところもあるので出品者側に回るときはさらなる注意が必要になります。

 

なぜ並行輸入品は正規品なのに安いのか

並行輸入品

並行輸入品が安い理由は、先ほども出てきたように一部のルートを省いて輸入してきているからです。

 

しかし、それだけではイメージがつきにくいと思うので違いを明確にしていきましょう。

通常ルート

海外メーカー ➡ 日本の正規代理店 ➡ 日本の小売店・販売店 ➡ 消費者

並行輸入品ルート

海外メーカー ➡ 海外の小売店・販売店 ➡ メーカーと直接関係が無い第三者が購入して輸入 ➡ 日本の小売店・販売店(もしくは直接消費者へ販売) ➡ 消費者

みなさんは何が違うか気づきましたか?

 

正解は、日本の正規代理店を通らないってとこです!

 

企業側としては、サービスを充実させたり、クレームを減らすことでブランドイメージを損なわなようにしたりいう目的で正規代理店を通すので、多少値が張っても省力しないなりのメリットがあるようです。

並行輸入品のメリットとは?

並行輸入品

安い

並行輸入品を購入する上でこれが一番のメリットでしょう。

 

偽物でもない限りここまで安い商品はないですし、実際にも安いから並行輸入品を選ぶなんて人がたくさんいます。

 

どうしても偽物なのではないかと心配な場合は、出品者のレビューを見て安全かどうかを判断すると確実だと思います。

 

日本では取り扱っていない商品が買える

並行輸入品は日本の正規代理店を通すわけではないので、日本では購入できない商品を購入できる場合があります!

 

なぜなら、需要があるにもかかわらず日本で取り扱いがないことを逆手にとってビジネスにしている人がいるから。

 

転売ビジネスと言い、海外のショップで買い付けた商品をAmazon等のショップで売ることで、差額を利用して稼いでいるというわけです。

 

並行輸入品のデメリットとは?

並行輸入品

100%正規だとは言い難い

並行輸入品は基本正規品ですが、並行輸入品と偽って偽物を販売している人もいます

 

レビューのない出品者からはなるべく購入しないことなどを気にかけて、騙されないようにしてくださいね!

 

責任が個人にある

並行輸入品は、メーカーさんが必ずしも保証する商品ではないので、企業によるアフターフォローが十分ではありません。

 

例えば、届いた時には壊れていたなんてことがあっても補償してくれず、自己責任ということになるので注意が必要です。

 

まとめ

並行輸入品

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「並行輸入品とは?正規品かどうかや安全性についてまとめてみた」というタイトルでお話していきました。

結論、並行輸入品は基本安全だがアフターサービスが不十分だということで、少なからずリスクを伴います。

 

なので、金銭面で余裕のある人や万全のサービスを受けたいなら通常ルートの商品、どうしても安さを求めたいなら並行輸入品がおすすめ。

 

私はリスク承知で並行輸入品を購入することが多いですが、未だはずれを引いたことはないので、後悔する可能性は低そうです。

タイトルとURLをコピーしました