【コスパ最強説】UNIQLO(ユニクロ)の服の品質ってどうなの?原価率で証明【レビュー】

UNIQLO,UNIQLO,服,コスパ ファッション豆知識

 今や世界的に有名なファストファッションブランド“UNIQLO(ユニクロ)”。

 しかしながら有名だからこそ、ユニクロのコスパや品質に関して論争が起きることもあります。そこで今回は、ユニクロの服はコスパ最強なのか品質についてレビューし、原価率で証明していきます。

スポンサーリンク

【コスパ最強説】UNIQLO(ユニクロ)の服の質ってどうなの?

UNIQLO,UNIQLO,服,コスパ

 まず結論から述べますと、UNIQLO(ユニクロ)の服はコスパ最強です。

 ユニクロは、“Life Wearの提案”というコンセプトを掲げ、世間の人々の生活スタイルに合わせたファッションを提案しています。

 その中で機能性を重視し、長期間使えるようにするにあたって最新の技術を開発・駆使する姿勢を大事にしています。

 例えば、最近のユニクロの新ダウンの開発や、風を通さないブロックテックなどファッションと化学を融合した服のつくりには驚かされますよね。

 よって、ユニクロのコスパが悪い・品質が低いというのは一昔前の話であり、現在は全くそのような事実は無いというのが結論です。

 個人的にユニクロの品質の良さは、他のファストファッションブランドと比べても差は明らかだと感じています。

 それは海外の大手ファストファッションブランド・ZARAH&Mが、流行・トレンドを意識したビジネスモデル短いスパンで安く・たくさん売ることを大事にしているのに対し、ユニクロは長いスパン使い続けられることを見越し、トレンドをなるべく無視したビジネスモデルを大事にしているからだと推測できます。

 また、ユニクロはセレオリブランドの服と比較しても、コスパ・品質は良いと感じます。

 セレオリの1万円の服と比較しても、3,000円~4,000円のユニクロの服の方がコスパはいいですし品質で勝っていると感じます

 特にユニクロのコラボラインは、有名デザイナーを起用しながら質を落とさずインライン同様の価格帯なので流石としか言いようがありません。

 本当であれば、倍以上してもおかしくない品質ですからね。

ユニクロのコスパ・品質の良さを原価率で証明

ユニクロ,品質,コスパ,原価率

 服の原価率とは、“売上の原価÷売上高×100”で求められるコスパの良し悪しの指標にもなる値のこと。つまり、販売価格に対する原価の割合を指します。

 よって、ユニクロと他のブランド・企業の売上原価率を調べ、グラフにしました。

ユニクロ,品質,コスパ,原価率

 グラフを見てみると、しまむらには及ばずとも、ユニクロがトップレベルの原価率を誇っていることが分かりますね

 あくまでもグラフは有名ブランド・企業を集めた結果であり、一般的にアパレルの原価率は20~30%ほどだとされているので、如何にユニクロの原価率が高いかが分かりますね

 よって、原価率から見てもユニクロのコスパ・品質は高いと言えるでしょう。

当ブログで取り上げたユニクロの記事

ユニクロ,品質,コスパ,原価率

 DADAでは、ユニクロのデザイナーズコラボを中心に様々な記事を投稿しています。気になる方はぜひチェックしてみてみくださいね。

>>ユニクロの記事一覧を見る

まとめ

 今回は「【コスパ最強説】UNIQLO(ユニクロ)の服の品質ってどうなの?原価率で証明【レビュー】」というタイトルでお話していきました。

 結論UNIQLO(ユニクロ)の服は、体感からしても原価率からしてもコスパ最強で、品質が高いと言えます

よって、ユニクロはコスパ重視・価格重視の人におすすめのブランドであり、ユニクロの品質が悪いという声も気にする必要はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファッション豆知識
この記事が気に入ったらTwitterでシェアしてね!
DADAのSNSをフォローしてね!
DADA