【特集】ニットとセーターの違いとは?ジャージーやカットソー、カーディガンとの違いも解説

ニット,セーター,違い ファッション豆知識

今回特集するのは、”ニット”と”セーター”の違い。両者は似ているようでニュアンスが若干違い、混同して覚えている人も多いファッションワードです。今回は、ニットとセーターの違いにを軸に解説し、ジャージーやカットソー、カーディガンとの違いについても例を出しながら簡潔に解説していきます。

スポンサーリンク

【特集】ニットとセーターの違いとは?

ニット,セーター,違い

ここでは、”ニット”と”セーター”の違いについて、例を挙げながら解説していきます。

”ニット”とは?

ニット,セーター,違い

ニット”とは、編み物の総称のこと。辞書では”編み物、編んだ服や布地”と定義されており、糸を直線状に交錯させることなく、編目を連続的に繰り返し布地を編成したものを指します。

ニットには、”セーター”や”ジャージー”も含まれ、セーターならばニットであると言い切れますが、ニットならばセーターであるとは言い切れないということが理解していただけるかと思います。

”セーター”とは?

ニット,セーター,違い

セーター”とは、太い毛糸で編まれたトップスのこと。つまり、先ほども述べたように”セーター”もニットの一種です。

ニットに比べより限定的な衣類を指し、太い毛糸かつトップスであるという条件が明確な違いですね。V型やラウンド型、タートルネック型などが存在し、基本的に形状は選びません。

ちなみに、セーターにはウールやカシミヤなどの動物繊維を使用することが多く、綿や化学繊維を使用する場合もあります。

”ニット”や”セーター”、その他衣類の違いの例

ニット,セーター,違い

ここでは、ニットやセーター、その他衣類の違いについて簡潔に解説していきます。

【例①】ジャージーパンツ

ニット,セーター,違い

引用:Pinterest

ジャージー”とは、伸縮性のある厚手のメリヤス編みの生地のこと。

ジャージーパンツはニットに含まれますが、セーターには含まれません。ただし、ジャージー(トップス)はセーターに含まれるため、注意が必要です。

ニットセーター
×

【例②】カットソー

ニット,セーター,違い

引用:Pinterest

カットソー”とは、ニット素材の生地を裁断・縫製し、作られる衣服の総称のこと。

セーターは前身頃・後身頃・袖の4つのパーツをそれぞれ編んで成型したあと、それらを繋ぎ合わせて成型するのに対し、カットソーは布としての編み地を切ったり縫ったりすることで成型するので、製法による明確な違いがあると言えます。

よって、カットソーはニットに含まれ、セーターには含まれないと言えます。

ニットセーター
×

【例③】カーディガン

ニット,セーター,違い

カーディガン”とは、前開き型になっていて、ボタンやファスナーでとめるトップスのこと。前開きのニットウェアと捉えると分かりやすかもしれませんね。

基本的に、カーディガンはニットに含まれ、セーターにも含まれます。ただし、プルオーバータイプのニットのみをセーターと捉える場合もあるので、実は線引きが曖昧です。

ニットセーター

【例④】ニットタイ

ニット,セーター,違い

引用:Pinterest

ニットタイ”とは、その名の通り、ニット素材の生地で編んだネクタイのこと。

ニットタイはニットに含まれ、セーターには含まれません。

ニットセーター
×

【例⑤】ニットキャップ

ニット,セーター,違い

ニットキャップ”とは、その名の通り、ニット素材の生地で編んだ帽子のこと。

ニットキャップはニットに含まれ、セーターには含まれません。

ニットセーター
×

まとめ

ニット,セーター,違い

いかがでしたでしょうか?今回は「【特集】ニットとセーターの違いとは?ジャージーやカットソー、カーディガンとの違いも解説」というタイトルでお話していきました。

セーター ∈ ニット

この記事を総括すると、上記の通りです。これは、セーターがニットの要素であることを示しており、”ニット{セーター, ジャージー, カットソー, カーディガン}”とも表現することができます。

よって、両者を語る上では、ニットのことをセーターと一括りにしないよう気を付けましょう

タイトルとURLをコピーしました