ドメブラ初心者におすすめのブランド5選!低価格&高品質

ドメブラ,おすすめ ドメスティックブランド

クオリティーが高いことで評判のいい"ドメブラ"ことドメスティックブランド

 

今回は、低価格と質の良さを兼ね備えたドメブラ初心者におすすめなブランド5つに厳選して紹介していきます!

ドメブラ初心者におすすめのブランド5選!低価格&高品質

 

my beautiful landlet(マイビューティフルランドレット)

ドメブラ,おすすめ

https://www.fashion-press.net/collections/8340

my beautiful landlet(マイビューティフルランドレット)は、赤崎浩次と片岡典昭が2012年にスタートしたドメブラ。

 

翌年の2013年からは、赤崎浩次がブランドを継承しています。

 

このドメブラのコレクションの特徴は、デザイナー自身が愛着があるものをその時代に落とし込み、カラー・シルエット・素材選びを大事にしていること。

 

ストリートをミックスさせたモードスタイルを表現しており、洗練されたデザインが印象的です。

ドメブラ,おすすめ

https://www.fashion-press.net/collections/12941

今回紹介するドメブラの中でも比較的攻めたデザインが多いですが、ビッグシルエット(ニューサイズ)で取り入れやすく、ユニセックスアイテムも多いので性別も問いません。

 

ディテールは、肩から裾にかけての落ち感背中のドレープ感を意識したアイテムが多く、着用して歩いた時の動きが非常に美しいです。

ドメブラ,おすすめ

https://www.fashion-press.net/collections/8340

ディテールの効いたTシャツでも約1万円から取り扱いがあり、アウター類でも安いもので3万円ほどしかしないので、初めてドメブラに挑戦するという方にとっても比較的取り入れやすいブランドだと思います。

 

kaiko(カイコ―)

ドメブラ,おすすめ

https://www.fashion-press.net/collections/11300

KAIKO(カイコ―)は、元々セレクトショップのディレクターだった吉田拓が2016年にスタートしたドメブラ。

 

普遍的なメンズウェアの要素を大事にしつつも、時代・空気・気分を反映させた服作りが特徴的です。

ドメブラ,おすすめ

https://www.fashion-press.net/collections/11300

所々ストリート風のエッセンスが感じられますが、デザインは比較的シンプルで、カジュアルな服もあれば、ドレスライクな服もあります。

 

中でも、センタ―プレスの入ったスラックスは非常にシルエットがきれいなのでおすすめです。

ドメブラ,おすすめ

https://www.fashion-press.net/collections/11300

そして、KAIKO最大のメリットは価格帯

 

とにかく価格帯が低いことで有名で、3万円あれば基本どのアイテムでも購入できますし、安いものでは5,000円ほどしかしないので、学生の方にもおすすめしたいドメブラです。

 

Dulcamara(ドゥルカマラ)

ドメブラ,おすすめ

https://www.acacia-style.com

Dulcamara(ドゥルカマラ)は、與田尚子が2003年にスタートしたドメブラ。

 

性別にとらわれない服作りをもっとうに、ユニセックススタイルを提案しています。

ドメブラ,おすすめ

https://www.acacia-style.com

最初に買ったドメブラとしてDulcamaraを挙げる人も多く、中でも、モダン風で部屋着以上晴れ着未満の「よそいきシリーズ」は屈指の人気を誇ります。

 

このブランドのデザインの特徴としては、丸みを帯びたシルエットが多く、トップスはオーバーサイズボトムスは絶妙な丈感で、着用したときにストレスを感じないのがいいところです。

ドメブラ,おすすめ

https://www.acacia-style.com

色味も落ち着いている服ばかりなので、ドメブラの入り口としては最適のおすすめブランドだと言えます。

 

STILL BY HAND(スティルバイハンド)

ドメブラ,おすすめ

https://www.fashion-press.net/collections/12979

STILL BY HAND(スティルバイハンド)は、柳優介がスタートしたドメブラ。

 

ブランド名には「洋服がいくつもの人間の手によって生まれてくる」という思いが込められています。

ドメブラ,おすすめ

https://www.fashion-press.net/collections/11566

服の系統としては、いい大人が着るようなカジュアルさが特徴で、大人の余裕が垣間見えます。

 

日本人の体形に沿った服作りをしているためサイズバランスが完璧で、デザインはミニマムなため汎用性が高く、初めてドメブラの服を購入するという方にとっても失敗しにくいブランドだと思います。

ドメブラ,おすすめ

https://www.fashion-press.net/collections/11566

価格帯も2万円以下で購入できる服がほとんどなので、お財布にも優しくておすすめです。

 

NEON SIGN(ネオンサイン)

ドメブラ,おすすめ

https://www.fashion-press.net/collections/11116

NEON SIGN(ネオンサイン)は、林飛鳥が2009年にスタートしたドメブラ。

 

ドメブラの中でもトップクラスの人気を誇り、「THE PURSUE OF CLOTH ARTS(布芸の追求)」をコンセプトに現在はユニセックスで展開をしています。

ドメブラ,おすすめ

https://www.fashion-press.net/collections/11116

このブランドの特徴は、リアルクローズをベースに様々なディテールを追加していること。

 

パンクロックというフィルターを通し、音楽・ファッション・アート・文学それぞれのカルチャーから影響を受けていることから、服のバックグラウンドについて考えてみると面白いです。

ドメブラ,おすすめ

https://www.fashion-press.net/collections/11116

最近では、ストリート系のファッションに取り入れられることも多く、今の若い世代に刺さりそうなドメブラです。

 

クオリティーが高いのにも関わらず、価格は1~3万円ほどに多く分布しているので、色遣いなど少し攻めた格好を好んでいる方にはとてもおすすめなドメブラです。

 

まとめ

ドメブラ,おすすめ

https://www.fashion-press.net/collections/9332

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「ドメブラ初心者におすすめのブランド5選!低価格&高品質」というタイトルでお話していきました

 

高いパフォーマンスを発揮できるという観点から、シンプルなものから少し責めたドメブラまで紹介しましたが、みあさんは気になるドメブラが見つかりましたか?

 

やはり、セレオリブランドからドメブラへの階段を上がった時の感動は衝撃的ですし、今後において忘れることは決して無いと思います。

 

それほど重要なステップを手助けすることができたら幸いです♪

タイトルとURLをコピーしました