綿のメリット・デメリット【ファッション豆知識】

綿,メリット,デメリット,素材 素材知識

よく服の素材表記で見かける「綿」。

 

なんとなく体に優しいイメージの綿素材ですが、機能性面・ファッション面でメリット・デメリットは様々です。

 

今回は、その「綿」のメリット・デメリットをまとめ、綿を使用した服はどうなのかということについてお話していこうと思います。

綿(めん)とは?

綿,メリット,デメリット,素材

綿(めん)とは、別名「コットン」と呼ばれるアオイ科植物の種子に密生している繊維のこと。

 

天然繊維の中で最も広く使用されていることで知られており、実用的なものから、ファッショナブルなものまで幅広い用途があります。

 

ちなみに、綿を繊維について階層で分けると、

 

繊維>天然繊維>植物繊維>種子毛繊維>綿(コットン)と表現できます。

 

ちなみに、通常の綿(コットン)とは別に「オーガニックコットン」というものもあり、3年間農薬や化学肥料を使用していない農地で、農薬・化学肥料を一切使用せずに生産された有機栽培の綿(コットン)のことを指します。

>>>オーガニックコットンを使用した「無印良品」のインナー

【無印良品】綿であったかインナーをおすすめしたい6つの理由
僕が1番おすすめしたいインナー、無印良品の"綿であったかインナー"。 個人的には、UNIQLOのヒートテックよりも圧倒的にお気に入りなので、無印良品の"綿であったかインナー"の何がいいのかについてお話していきます。【無印良品】綿であったかインナーをおす…

綿(コットン)のメリット

 

肌に優しい

綿,メリット,デメリット,素材

綿繊維は、肌触り、着心地、快適さに優れ、柔らかいことが特徴です。

 

これには、綿繊維の形状が大きく影響しており、綿繊維に「天然のよじれ」があることで、肌への接触面積が少なくなり、結果的に心地よい肌触りへとつながるわけです。

 

また、綿は吸湿性が高いことで知られており、一般的には8%~12%と汗の吸収にも優れます。

 

その結果、衛生的な状態を保つことができ、汗疹もできにくいので、作業着などにもよく使用されます。

【最高峰】極暖「ダウンジャケット」ブランド おすすめ5選!!
冬のメインアイテムとも言うべき"ダウンジャケット"。 しかし、1つダウンジャケットと言えど、機能性や暖かさは物によってまるで違います。 そこで今回は、極暖かつ、機能性において申し分ないおすすめダウンジャケットブランドについて紹介していきたいと思います…

自然に優しい

綿,メリット,デメリット,素材

綿(コットン)が自然に優しいことは言うまでもないでしょう。

 

綿は、れっきとした天然繊維であり、環境に悪いとされる化学繊維に対して、近年では、綿などの天然繊維をなるべく使用するようにしようという風潮が生まれています。

 

例えば、無印良品やH&Mなどは、多くの綿を使用しているアパレルメーカーとして知られており、地球温暖化が世界的な問題になっている中、このような取り組みや意識を持っていることは非常に素晴らしいことだと思います。

無印良品のアパレル特化ライン「MUJI Labo(ムジラボ)」を徹底解説
今回紹介するのは無印良品の衣類特化ラインであるMUJI Labo(ムジラボ)。無印良品を知っている方の中でも意外と知らない方も多いので、ムジラボの服の特徴や、どのような方におすすめかという点についても紹介していきます。

安価

綿,メリット,デメリット,素材

綿(コットン)は、比較的安価な素材として知られています。

 

綿が広く使用されるようになったのにもこのことが関係しており、今のアパレル業界では、欠かせない存在となっています。

 

勿論、綿にも種類があるわけで、その中でも高価なものから安価なものまでありますが、安く服が手に入ることは、僕たち消費者からしても嬉しいメリットであるはずです。

【ドメブラ】最高品質のニットブランド5選!!寒い冬に是非1着!!
今年も、もう11月。 気温も下がり、クリスマスも近づいてきました。 そんな凍える冬の季節に、是非とも1着持っておきたいのが「ニット」。 服好きであれば、冬場のニットにもこだわりたいところですよね。 やはり、品質を追い求めるのであればドメブラ

耐久性が高い

綿,メリット,デメリット,素材

綿(コットン)の4つ目のメリットは、耐久性が高いこと。

 

適度に弾力があり、引っ張った時の耐久性は全繊維の中でも高いとされています。

 

特に、綿は濡れると耐久性が10%~20%ほど上がると言われているため、洗濯する際など、その特性を十二分に発揮してくれるはず。

 

また、アルカリにも強いため、せっけんや、合成洗剤で洗濯しても劣化しにくいというメリットもあります。

 

体温調整が容易

綿,メリット,デメリット,素材

綿(コットン)は、夏には涼しく、冬には暖かく感じることができます。

 

ちなみに、これも綿繊維の構造に起因。

 

中心に空洞があることで、

 

夏には、水分を吸収して外に発散し、その際に体から熱を奪うことで涼しく

 

冬には、空洞に空気を含むことで、外部に熱が逃げないようにして暖かく

 

という仕組みができています。

 

また、綿の布地を起毛させることで繊維内の含む空気量が増えるため、より暖かさを感じられるものが出来上がります。

MAWA(マワ)のハンガーで衣類の型崩れと永遠におさらば!
衣類の型崩れが気になるという方に是非とも試してほしいMAWA(マワ)のハンガー。ミニマリストの間でも話題で、多くのインフルエンサーの方も愛用しています。今回は、MAWAのハンガーのメリットや、服の種類別おすすめハンガーについてまとめてみました。

染色しやすい

綿,メリット,デメリット,素材

綿(コットン)の主成分は、化学をとっていた人なら聞いたことはあるであろうセルロース(C6H10O5)nという多糖類で、そのほか少しの不純物を含んでいますが、精錬・漂白すれば不純物もなくなり、染色しやすくなるというメリットがあります。

 

染色しやすいと、その名の通り色が入りやすく、結果としてより鮮やかな色合いの服が出来上がるので、ファッションシーンでも扱いやすい素材だと言えます。

ファブリーズが危険!?服のケアや体への影響を踏まえて解決策を提案
みなさんが日々何気なく使用しているファブリーズ。しかし、そのファブリーズについて「実は危険なのではないか」という疑問の声が挙がっています。今回は、研究結果を基に、ファブリーズは本当に危険なのかという点についてお話していきます。

綿(コットン)のデメリット

 

縮みやすい

綿,メリット,デメリット,素材

綿は耐久性が高いと言いましたが、洗濯すると縮んでしまうというデメリットも存在。

 

綿繊維の構造上、中心が空洞になっているため洗濯時に水分を吸収しやすく、体積が増えた後に乾燥すると以前より縮んでしまうのです。

 

しかし、最近では、防縮加工が施されていることが多いのでそれほど心配はいりません

 

もし、どうしても気になるという場合は、乾燥機を使用しないこと、洗濯ネットに入れて洗うことなどをおすすめします。

縮絨加工のメリット ファッション・衣類の豆知識
よく洋服等の名前で見かける「縮絨(しゅくじゅう)」という文字。 「なにか加工してるんだろうな~」くらいには想像がつくと思うのですが、案外"縮絨"について詳しく知っている人は少ないです。 そこで今回は、縮絨加工をするメリット・デメリットについてお話して…

しわになりやすい

綿(コットン)は、しわになりやすいです。

 

ただし、樹脂加工形態安定加工を施したり、ポリエステルと混紡するとしわを防げると言われており、「綿:ポリエステル=35%:65%」が綿の特性や風合いを残したまましわを防げる理想の比率だとされています。

 

ちなみに、しわを防ぐ代表的な加工方法には、イッセイミヤケで有名なプリーツ加工などがあります。

話題の香水ジーノストーリアを辛口レビュー~楽天ランキング1位は本当なのか~
楽天ランキングでは7冠、Amazonでも1位、ヤフーショッピングでは8冠をも取っている今話題の香水ジーノストーリア(GINO STORIA)ですが、あまりの凄さに疑いの目を向ける方も多いと思います。そこで今回、私がジーノストーリアを購入して使用してみたのでレビューしていきます。

綿は綿でも種類がある?高級な綿と一般的な綿の違い

綿,メリット,デメリット,素材

みなさん、綿は綿でも様々な種類の綿があることをご存じでしょうか?

 

生産地や気候によっていろいろな種類の綿が存在し、それぞれの特徴も違ってきます。

 

以下は、その世界中の「綿」について簡単にまとめたグラフです。

 

 長繊維綿(3.5~6.0cm)中繊維綿(2.5~3.0cm)

短繊維綿(2.0cm以下)

種類
  • 海島綿
  • エジプト綿
  • スーダン綿
  • スーピマ綿
  • ペルー綿
  • インド・ハイブリット綿
  • トルファン綿
  • アメリカ綿
  • メキシコ綿
  • ブラジル綿
  • 旧ソ連中央アジア綿
  • 中国綿
  • パキスタン綿
  • オーストラリア綿
  • アメリカ綿
  • インド綿
  • パキスタン綿
品質高級中級低級
用途
  • ワンピース
  • シャツ
  • 衣類
  • タオル
  • シーツ
  • 布団わた

 

ちなみに、世界の綿花の約90%は中繊維綿だそうですから、みなさんが普段ファッションで着ているような服の大半が中繊維綿であると言えます。

【コスパ最強説】UNIQLO(ユニクロ)の服の質ってどうなの?
今回着目するのは、今や知らない人はいないほど大きなブランドとなったUNIQLO(ユニクロ)について。  UNIQLO(ユニクロ)の服は安っぽい  という人もいれば、  UNIQLO(ユニクロ)の服はコスパ最強  とまで謳う人もいます。…

まとめ

綿,メリット,デメリット,素材

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「綿のメリット・デメリット【ファッション豆知識】」というタイトルでお話していきました。

 

結論、綿は万能すぎる植物繊維ということで、コストパフォーマンスで言うならば最強クラスだということができるでしょう。

 

これなら素材表記で綿を多く見かけることも納得できますし、機能性を考慮しても様々な用途で活躍していることも理解できますよね。

 

環境にとっても優しいことから、これからの時代、綿を使用した衣類がますます増えていくことが予想されます。

出典:テキスタイル辞典

【冬用】肌に優しい綿素材インナーおすすめ3選!!暖かハイスペック
案外、多くの人が思考停止しがちな冬の肌着選び。 何も考えずに、UNIQLOのヒートテックでいいや。 なんて思っていると、思わぬ落とし穴があるかもしれません。>>>詳しくはこちらの記事そこで、今回は、肌に優しいおすすめの綿素材イ…
【ニット】ハイゲージ・ローゲージとは?違いや意味について解説
よくニットのアイテム名としても使われている「ハイゲージ」と「ローゲージ」。 しかし、その違いや意味について知らない方も意外と多くいます。 そこで今回は、ニットにおけるハイゲージとローゲージの違いについて分かりやすく解説していきます。【ニット】ハイゲ…

今回の記事はここまでです。

最後まで見ていただきありがとうございました!

他にもファッションアイテム関連の記事をあげているのでよかったら見ていってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました