ラグジュアリーブランドとハイブランドの違いとは?ブランド例を出しながら解説

ラグジュアリーブランド,ハイブランド,違い ファッション豆知識

 みなさんはラグジュアリーブランドとハイブランドの違いとは何か知っていますか?

 ブランドの解説等を見ていると、どちらも似たような意味で使われているので戸惑いますよね。

 そこで今回は、ラグジュアリーブランドとハイブランドの違いについて、ブランド例を挙げながら解説していきます。

スポンサーリンク

ラグジュアリーブランドとハイブランドの違いとは?

ラグジュアリーブランド,ハイブランド,違い

 ラグジュアリーブランドのラグジュアリーとは、ラテン語で“差異・逸脱”を意味をする言葉。

 一方で、ハイブランドとは、直訳すると“(価格帯が)高いブランド”の意味を持ちます。

 それぞれ似たような意味を持つことが分かりますが、果たしてラグジュアリーブランドとハイブランドの違いとは何なのでしょうか?

ラグジュアリーブランド,ハイブランド,違い

 結論から言うと、「ラグジュアリーブランドならばハイブランドである」は成り立ちますが、「ハイブランドならばラグジュアリーブランドである」は成り立たない場合があります。

 よって、正確には両者には違いがあると言えますね。

ラグジュアリーブランド,ハイブランド,違い

 ラグジュアリーブランドには、“ラグジュアリー戦略”と呼ばれる独自の戦略があります。

 ラグジュアリー戦略のポイントは以下の4点です。

製品卓越した品質、絶対的品質
価格高価格、絶対価値
流通限定された流通チャネル、旗艦店
プロモーションパブリシティ重視

 ラグジュアリーブランドは流通を支配し、支配できないチャネルは用いないので店舗数が限られます

 その分ラグジュアリーブランドは、多くがパリの一等地にデカデカと本店を構えていますよね。

 また、通常のブランドであれば大量の広告を流すところを、ラグジュアリーブランドではメディアに取り上げられることを重視します。

 このメディアとは雑誌などを意味し、ブランドイメージを大事にするラグジュアリーブランドにとって、メディアとの関係は良好でなくてはなりません

ラグジュアリーブランド,ハイブランド,違い

 一方で、近年の“ハイブランド”の使われ方としては、ただ価格帯が高いブランドを指すことが多いです。

 そうした意味では、店舗数であったり、宣伝の方法であったりは限られていないので、そこがラグジュアリーブランドとの違いだと言えるでしょう。

 つまり、経営戦略の違いということですね。

ラグジュアリーブランド,ハイブランド,違い

 続いて、それぞれの使い分けの感覚としては、ラグジュアリーブランドの方が価格帯が高く、ハイブランドの中での最高峰の高級ブランドであるイメージがあります。

 また、ヨーロッパ地域の王族御用達のブランドはラグジュアリーブランドと言われやすい傾向にありますね。

 経験上、国内のデザイナーズブランド“ドメスティックブランド”をラグジュアリーブランドと呼ぶことは少なく、呼ぶと違和感があります

ドメスティックブランドとは?の疑問に詳しく回答している記事はこちら

ドメスティックブランドとは?ドメブラの代表例を挙げながら解説
みなさんはドメスティックブランドとは何なのか知っていますか?メンズ・レディース関係なく人気のドメブラですが、中には知らない人もいるかと思います。この記事では、ドメスティックブランドとは何なのか分かりやすく解説し、ドメスティックブランドの代表例を挙げていきます。

 ラグジュアリーブランドの例としては、LVMHグループLouis VuittonDior、100年以上の歴史を持つHermèsCHANEL、同じく100周年を迎えたGUCCIなどが挙がります。

 いずれも歴史が長いうえにブランドイメージが確立しており、歴史・名声を基準の1つと捉えることもできそうですね。

結局GUCCI(グッチ)ってコスパいいの?ブランド偏差値は高い?
今回は有名ハイブランドGUCCI(グッチ)について。 よく目にしたり、耳にする方は多いかと思いますが高いというイメージだけでその歴史や細部を知っている方は多くないと思います。 そこで今回は、GUCCI(グッチ)というブランドのコスパ、ブランド偏差値を…

 また、ラグジュアリーブランドは香水を展開している印象も強く、何よりもブランドイメージを大切にするラグジュアリーブランドにとって、重要な要素なのだと考えます。

【香水レビュー】Dior"sauvage(ソヴァージュ)"の評判が良すぎる件
私がおすすめしたいメンズ香水Diorの"Sauvage(ソヴァージュ)"。今回は、私が実際に"Sauvage"を購入して使ってみてのレビューは勿論のこと、周りからの評判や、オンラインストアのレビューも含めて解説していきます。
【香水レビュー】シャネル「エゴイストプラチナム」が人気!その他購入者のレビューも
今回紹介するのはシャネルの香水「エゴイストプラチナム」。芸能人・有名人にも愛用者が多く、男女問わず評判が高く人気の香水です。この記事では、私がおすすめしたいシャネル・エゴイストプラチナムの使用レビューを行い、その他購入者のレビューについてもまとめていきます。

まとめ

ラグジュアリーブランド,ハイブランド,違い

 今回は「ラグジュアリーブランドとハイブランドの違いとは?ブランド例を出しながら解説」というタイトルでお話していきました。

▼ラグジュアリーブランドの通販ならセール率の高いSSENSEがおすすめ!

【SSENSE(エッセンス)】に偽物はある?セールやクーポン、関税&送料、人気ブランドなど
海外ブランドが安く購入できると話題の"SSENSE(エッセンス)"。今回は、SSENSEのセール時期やクーポン、essentials等の人気ブランドの情報から、SSENSEに偽物があるかどうかや関税&送料がかかるかどうかについてまとめていきます。

 結論、「ラグジュアリーブランドならばハイブランドである」は成り立ちますが、「ハイブランドならばラグジュアリーブランドである」は成り立たない場合があります。

 近年のハイブランドの使われ方を考慮すると、価格帯は高いが、以下のラグジュアリー戦略に当てはまらないブランドがハイブランドだと言えるでしょう。

▼ラグジュアリー戦略の4つのポイント

製品卓越した品質、絶対的品質
価格高価格、絶対価値
流通限定された流通チャネル、旗艦店
プロモーションパブリシティ重視

 これらのことより、ラグジュアリーブランドとハイブランドの違いとは、経営戦略の違いであると言えそうですね。

>>ラグジュアリーブランドの経営戦略について詳しく知りたい方はこちら

 しかし、最近ではそれぞれの定義が曖昧で、お互いを明確に区別することは困難を極めます

 ハイブランドとラグジュアリーブランドを混同して使用する人も多く、今後より一層使い分けが難しくなりそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファッション豆知識
この記事が気に入ったらTwitterでシェアしてね!
DADAのSNSをフォローしてね!
DADA