ノードグリーン「ネイティブ」を徹底レビュー|サイズ感やイメージ、付け替えについて

nordgreen(ノードグリーン)nativeのレビュー小物・インテリア

 当記事では、nordgreen(ノードグリーン)NATIVE(ネイティブ)をレビュー。

 実際にノードグリーンのネイティブを購入し、「デザイン・イメージ」「サイズ・着用感」「性能・利便性」の3つの観点から徹底レビューしていきます。

 記事内では実際の画像も載せていくので、イメージを膨らませたい方はぜひご覧ください。

当サイト限定15%OFFコードDADA15
Nordgreen

ノードグリーン「ネイティブ」を選んだ理由

nordgreen(ノードグリーン)のnativeセット

 今回私が購入したのは、ノードグリーンの「NATIVE セット ブラック ダイヤル ローズゴールド | グリーンナイロン / ブラウンレザー / ローズゴールドメッシュ 40mm」。

内容物カラー通常価格
ネイティブ 1本(ナイロンベルト)ローズゴールド(ダイヤル:ブラック, ベルト:グリーン)¥18,900
レザーベルトブラウン¥4,900
メッシュベルトローズゴールド¥5,900

 本来ならば「¥18,900 + ¥4,900 + ¥5,900 = ¥29,700」のところ、セット割引のおかげで¥24,800(通常より¥4,900引き)で購入できました。

 また、送料無料、関税も今回はかからなかったので、追加の手数料等は一切かかりませんでした。

 私が数あるノードグリーンのウォッチコレクションの中で今回のネイティブセットを選んだ理由は主に4つ

  • よく見ると分かるディテールへの強いこだわり
  • グリーンのナイロンベルトに惹かれた
  • 気分と天候・季節によってベルトを変えたかった
  • リンクブレスはサイズ調整が難しそうだと思った

 ここから先の実物レビューでは、上記項目について詳しく掘り下げていきます。

ノードグリーン「ネイティブ」を徹底レビュー

nordgreen(ノードグリーン)nativeのレビュー

 ここでは、購入したノードグリーン「ネイティブ」の「デザイン・イメージ」、「サイズ・着用感」、「性能・利便性」に焦点をあててレビューしていきます。

 忖度なしのレビューなので、いち購入者の正直な感想を知りたい方はぜひご覧ください。

デザイン・イメージ

nordgreen(ノードグリーン)nativeの本体(正面)

本体(正面)

nordgreen(ノードグリーン)nativeの本体(背面)

本体(背面)

nordgreen(ノードグリーン)nativeの本体(横)

本体(横)

 ノードグリーン「ネイティブ」のデザイン的特徴は、主に以下の6つ。

  • 本体の艶やかな光沢感
  • ドーム型ミネラルガラス
  • 透明な「分」を刻む目盛り
  • 3時と9時の目盛りがやや長い
  • 秒針が無い
  • 本体裏のロゴ

 ノードグリーン「ネイティブ」の1番の魅力は滑らかな曲線

 本体の横からの画像を見ていただければ、本体上部のガラスがドーム型になっているのが分かると思います。

 それに加え、本体の光沢仕上げや、目盛り(分)に透明な素材を用いることで光の反射が最もうまく活きるように設計されています。

 実際につけてみると、本体の光沢感は全然安っぽくなく高級感があります。

 一見してシンプル過ぎるようで、個人的には細部へのこだわりは他のモデルに劣るどころか勝っているように感じます。

Nordgreen

サイズ・着用感

nordgreen(ノードグリーン)nativeの着用感

 私が購入したノードグリーンのネイティブは、文字盤幅「40mm」のモデル。

 「28mm」「32mm」「36mm」「40mm」とある中の1番大きなサイズですね。

 私は20代・男(手首周り14cm)ですが、文字盤の大きな40mmサイズは丁度よく、元々文字盤は大きい方が好みだったので期待通りのサイズ感でした。

nordgreen(ノードグリーン)nativeのサイズ比較

提供:nordgreen

 上記は、文字盤幅(サイズ感)の比較画像です。

nordgreen(ノードグリーン)nativeのグリーンナイロンストラップ

ナイロン(グリーン)

nordgreen(ノードグリーン)nativeのブラウンレザーストラップ

レザー(ブラウン)

nordgreen(ノードグリーン)nativeのメッシュストラップ

メッシュ(ローズゴールド)

 各ベルトの着用感です。

 それぞれ異なる風合いがあっておしゃれですよね。

 レザーは初めは少し硬いので、何度もつけて馴染んできてからが楽しみです。

 サイズ調整に関しては、私は腕が細い方なのですが、いずれもジャストサイズに調整できました。

性能・利便性

 ノードグリーンの性能についてですが、こちらはそこそこといった感じでしょうか。

 普段使いする分には問題ないですが、ファッション腕時計のイメージからは抜け出せず、性能で選びたい方には向かないかもしれません。

 ちなみに、今回購入したノードグリーン「ネイティブ」は3ATM防水の機能付き。

 3ATMとはどの程度かと言うと、日常生活における汗やにわか雨に耐えられるくらいの防水性能です。

 3ATMの防水性能では水につけることはできないので、水に強いモデルを探している方にはノードグリーンのネイティブはおすすめできません

 続いて、ネイティブの利便性に関連して、ベルトの付け替えはとてもスムーズにできました。

 サイズ調整も簡単ですが、メッシュベルトのみ付属の工具で調整しなければならず、初めての方は戸惑いやすいのではないかと思います。

 私は選びませんでしたが、リンクブレスも調べて見た感じではサイズ調整でつまずきそうな気がします。

まとめ

まとめ

 今回は「ノードグリーン「ネイティブ」を徹底レビュー|サイズ感やイメージ、付け替えについて」というタイトルでお話していきました。

Nordgreen

 この記事の要点は以下の通りです。

▼この記事が参考になった方は「はてなブックマーク」していただけると励みになります!
このエントリーをはてなブックマークに追加
小物・インテリア
この記事が参考になったらTwitterでシェアしてね!
DADAのSNSをフォローしてね!
DADA