ドメスティックブランドとは?ドメブラの代表例を挙げながら解説

ドメスティックブランドとはファッション豆知識

 みなさんはドメスティックブランドとは何なのか知っていますか?

 メンズ・レディース関係なく人気のドメブラですが、中には知らない人も多いかと思います。

 この記事では、ドメスティックブランドとは何なのか分かりやすく解説し、ドメスティックブランドの代表例を挙げていきます。

 この記事を読むメリットは以下の通りです。

  • ドメスティックブランドとは何なのか分かる
  • ドメスティックブランドの代表例が分かる
  • ドメスティックブランドのメリットが分かる
  • ドメスティックブランドのデメリットが分かる
  • ドメスティックブランドに関連する記事が見つかる
スポンサーリンク

ドメスティックブランドとは?

ドメスティックブランドとは

 ドメスティックブランドとは日本国内のデザイナーズブランドを指します。

 通称:ドメブラ、ドメスと呼んだりもします。

 「ドメスティック(domestic) = 国内の、家庭内の」という意味合いなので、ドメスティックブランドとは辞書通りの意味を持つことが分かりますね。

 また、ドメスティックブランドとは、日本では日本国外のデザイナーズブランドのことを指しますが、フランスではフランス国外のデザイナーズブランドのことを指します。

 反対に、日本国外のデザイナーズブランドは“インポートブランド”と呼び、有名どころではMaison MargielaやJil Sander、Gucciなどが挙がります。

インポートブランドとは?海外ブランドとの違いやメリットを解説
みなさんはインポートブランドとは何か知っていますか?人気の高いインポートの服ですが、ライセンスブランドとの違い等を知らない方も多いと思います。そこで今回はインポートブランドの意味を解説し、当ブログで取り上げたインポートブランドについても一覧でまとめていきます。

 >>インポートブランドとは

ドメスティックブランドの代表例とは?

 続いて、ドメスティックブランドとは何なのか具体的にイメージできない方に向けて、ドメブラの代表例を出しながら解説していきます。

COMME des GARÇONS

ドメスティックブランドとは

出典:FASHION PRESS

COMME des GARÇONS 2021ss

 COMME des GARÇONS(コムデギャルソン)とは、1967年に日本人デザイナー“川久保玲”がスタートしたドメスティックブランド。

 アヴァンギャルドなデザインを得意とし、80年代の黒の衝撃をはじめとして、マルタンマルジェラジョンガリアーノなど数多くの有名デザイナーに影響を与えてきました。

 コムデギャルソンのデザイナー“川久保玲”は世界で最も影響力のあるデザイナーランキングTOP5の常連で、日本のドメスティックブランドの中でもトップクラスの知名度を誇ります。

Yohji Yamamoto

ドメスティックブランドとは

出典:ファッションプレス

Yohji Yamamoto 2022ss

 Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)とは、1972年に日本人デザイナー“山本耀司”がスタートしたドメスティックブランド。

 アヴァンギャルドかつクラシックなデザインを得意とし、80年代にはコムデギャルソンの川久保玲と共に黒の衝撃と呼ばれるファション業界の革命を起こしました。

 彼のスタイルはマルタンマルジェラドリスヴァンノッテンらに影響を与え、ドメスティックブランドの中でもトップ5には入る影響力の高さを誇ります。

ISSEY MIYAKE

ドメスティックブランドとは

出典:FASHION PRESS

ISSEY MIYAKE 2021aw

 ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)とは、1970年に日本人デザイナー“三宅一生”がスタートしたドメスティックブランド。

 プリーツデザインを得意とし、イッセイミヤケの服はかの有名なApple創業者“スティーブジョブズ”も愛用していました。

 イッセイミヤケもまた、世界的にトップクラスの知名度を誇るドメスティックブランドであり、その知名度の高さは日本人デザイナーの中でもトップ5に入ります。

ドメスティックブランドのメリットとは?

 なんとなくドメスティックブランドとは何なのか分かったと思いますが、ドメスティックブランドのメリットとは一体何なのでしょうか?

 一般的に有名なファストファッションブランドやセレオリブランドとの違いを踏まえながら解説していきます。

人と被りにくい

ドメスティックブランドとは

出典:FASHION PRESS

Sasquatchfabrix. 2021aw

 基本的に、ユイテッドアローズをはじめとしたセレクトショップや、H&MやZARAをはじめとしたファストファッションブランドは、「流行を早く、安く、大量に」というビジネスモデルで運営しています。

 これらを購入する層は、服に対するこだわりが強くなく、万人受けを狙うので同じような服装になりがちです。

 対してドメスティックブランドは、一着一着に対するこだわりが強い点が特徴。

 シルエット、カラーパレット、素材・生地など、そこらのブランドとは一線を画した魅力があり、品数も少ない傾向にあるので周りと被りにくいです。

 そもそも服にこだわりがない人はわざわざ服に大金を払わないので、個性を出したい方にはドメスティックブランドをおすすめします。

▼人と被りにくいドメブラのセットアップもおすすめ!

【メンズ】おすすめセットアップブランド21選!!ドメブラ・インポートブランド
フォーマルなシーンから普段使いまで様々な場所で活躍するセットアップ。メンズらしさがカッコよく、特にデザイナーズブランドのセットアップは根強い人気があります。今回は、ドメブラ&インポートブランドから厳選したおすすめセットアップブランドを21個紹介していきます。

日本人の体型に合う

ドメスティックブランドとは

出典:FASHION PRESS

AURALEE 2021aw

 ドメスティックブランドとは日本国内のデザイナーズブランドを指すので、日本人の体型に沿って作られていることが多いです。

 よって、サイズが合わないということは少なく、大体の人がピッタリなサイズが見つかるでしょう。

 また、ドメブラは日本人の体型を研究し尽くしているので、シルエットが美しい点も魅力的です。

 シルエット・フォルムの美しさはアパレルに限らず、シューズブランドにおいても同様です。

 足の形は国によって違うので、日本人の足に合ったドメブラのシューズは非常に快適です。

 例えば、formeの革靴なんかは人気が高いですね。

 逆に、体の大きな外国人体型の方にとっては、ドメブラでのサイズ探しは困難を極めるでしょう。

 よってそのような方には、インポートブランドがおすすめです。

 インポートブランドはドメスティックブランドより大きなサイズを取り扱っていることが多いので、参考にしてみてください。

素材に対するこだわりが強い

ドメスティックブランドとは

出典:FASHION PRESS

COMOLI 2021aw

 ドメスティックブランドは素材にこだわるブランドが多く、高品質である点が魅力的です。

 ブランドによっては中々見ない高級素材を使用していたり、縫製にこだわりを持つドメスティックブランドも多く見られます。

 例えば、COMOLIAURALEEが素材・生地に定評があり、人気ですね。

 素材や生地感、着心地にこだわりたい方にはドメスティックブランドがおすすめ。

 普段はファストファッションにしか興味がない方でも、一度深掘りしてみると面白いかもしれませんよ。

ドメスティックブランドのデメリット

 ドメスティックブランドにもデメリットは存在します。

 ここでは、ドメスティックブランドが持つデメリットについて、それぞれ解説していきます。

値段が高い

ドメスティックブランドとは

出典:FASHION PRESS

doublet 2021aw

 ドメスティックブランドはこだわりが強く、値段が高い点がデメリットです。

 こだわればこだわるほど素材などコストはかかり、妥協したくないデザイナーも多いので仕方ないことだとも言えますね。

 ドメブラでは、シャツで3万円以上することはざらにありますし、アウターは10万円以上することもあるので「高すぎる」と思う方も多いでしょう。

 ドメブラを少しでも安く購入したい方は、古着屋巡りをしてみるのもありです。

 ブランド古着はお手頃でドメブラ初心者にはちょうどいいので、一度試してみてはいかがでしょうか?

 >>ドメブラ初心者におすすめなブランドはこちら

個性が強すぎる

ドメスティックブランドとは

出典:FASHION PRESS

Toga 2021aw

 ドメスティックブランドには、個性の強いアイテムが多いです。

 これをメリットと捉えるかデメリットと捉えるかは人それぞれですが、周りと違う格好をしたり、浮いてしまうことが苦手な方にとってはデメリットとなるでしょう。

 ファッションスナップに載るような人は大抵ドメブラを着用していていますが、上記のような服に無頓着な方からすると何がお洒落なのか分からないと思います。

 しかし勿論、ドメブラも派手な服ばかりではありません

 素材や生地そのものにこだわるドメブラにはシンプルな服も多く、比較的着こなしやすいです。

ドメスティックブランドとは

出典:Acacia

Dulcamara

 例えば、Dulcamaraはメンズ・レディース問わずシンプルな服が多いうえに安く、ドメブラ初心者におすすめですよ。

DADAで取り上げたドメスティックブランド一覧

青いレンガの壁

 当ブログ(DADA)では、不定期でブランドの解説記事を投稿しており、ドメスティックブランドについてもいくつか取り上げました。

 気になる方は、以下のドメブラの記事もチェックしてみてくださいね。

その他のドメスティックブランドに関連する記事

HDアート

 当ブログでは、ドメスティックブランドの解説記事だけでなく、洋服のカテゴリ別におすすめのドメスティックブランドを紹介しています。

 興味のある方は、以下のドメスティックブランドに関する記事もチェックしてくださいね。

まとめ

ドメスティックブランドとは

出典:FASHION PRESS

TROVE 2021aw

 今回は「ドメスティックブランドとは?ドメブラの代表例を挙げながら解説」というタイトルでドメスティックブランドとは何なのか解説していきました。

 結論、ドメスティックブランドとは、日本国内のデザイナーズブランドのことを指し、以下のようなメリット & デメリットがあります

▼ドメスティックブランドのメリット

  • 人と被りにくい
  • 日本人の体格に合う
  • 素材へのこだわりが強い

▼ドメスティックブランドのデメリット

  • 値段が高い
  • 個性が強すぎる
▼この記事が参考になった方は「はてなブックマーク」していただけると励みになります!
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファッション豆知識
この記事が参考になったらTwitterでシェアしてね!
DADAのSNSをフォローしてね!
DADA