【MARIE OHIRA】”思わず、2度触ってしまう靴”マイナーシューズブランド

marie ohira,靴 革靴

マイナーなシューズブランド"MARIE OHIRA(マリエオーヒラ)"。知る人ぞ知るという言葉が似合う、そんなブランドでありつつも、こだわり抜かれた靴作りは非常に魅力的です。というわけで今回は、そのmarie ohiraの靴づくりについて掘り下げていきましょう。

【MARIE OHIRA】"思わず、2度触ってしまう靴"

marie ohira,靴

marie ohira イベント情報

 

"MARIEOHIRA(マリエオーヒラ)"は、工業製品と手仕事の間から生まれるユニセックスシューズブランド。

 

デザイナーである大平麻理恵(おおひらまりえ)は武蔵野美術大学卒業後、台東分校製くつ科にて靴づくりの基礎を学び、ダンスシューズメーカーへ就職。

 

その後は、既成の靴で様々な悩みを持つお客様に出会う毎日がきっかけで、勤務の傍ら、ドイツ式コンフォートシューズについて学び、2017年に独立します。

 

先日行われたイベントでは、「思わず、2度触ってしまう靴」というコンセプトを掲げ、時代の流れ、空気感を含んだ革靴を提案。

 

品質や製法、素材や歴史に優れた商品は数あれど、それ以上を求めてしまう人が多い中、mariohiraでは、誰が履いてもしっくりくる艶っぽいアッパーのデザイン、アートピースの様な自由で創造性あるヒールを含んだ革靴が特徴です。

 

見てくださいよ、このヒールを。

僕的には、特にmarieohiraのヒールが好きで、独特かつ個性豊かな美しい形状のヒール部分に惹かれます。

また、背後から見た靴の形状もきれいで、日本人の足型を考慮したようなつくりになっています。

 

着用するとこんな感じに!!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

GARDEN LOOK👞 19aw #garden #gardenshibuya #MARIEOHIRA #leathershoes

MarieOhira(@mockoly)がシェアした投稿 -

いや~惚れ惚れしますね~

 

ちなみに、上は、あの和を取り入れたブランド展開が特徴のSasquathfabrix(サスクワッチファブリックス)17awのルックです。

 

marie ohira,靴

marieohira uneven blog

 

革に関しても、履けば履くほど馴染んでいくような上品な天然革であり、まるで靴を育てるかのように経年変化を楽しむことができます。

 

写真からでもいい革だということがバシバシ伝わってきます!!

まとめ

marie ohira,靴

marieohira uneven blog

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「【MARIE OHIRA】"思わず、2度触ってしまう靴"超マイナーシューズブランド」というタイトルでお話していきました。

 

事実、marie ohiraはまだまだ世間に見つかっていないシューズブランドであるのですが、革靴が好きな方で目をつけている方も多く、今後確実に伸びるであろうブランドでもあります。

 

僕自身も、中々価格帯が高くて手が出せないような領域ではあるのですが、何とか頑張ってお金を貯めて購入したいと思っています!!

タイトルとURLをコピーしました