無印良品のアパレル特化ライン「MUJI Labo(ムジラボ)」を徹底解説

MUJI Labo,ムジラボ,解説 企業ブランド

無印良品の中でも大好評のライン「MUJI Labo(ムジラボ)」。無印良品については知っているけれど、MUJI Labo(ムジラボ)は知らないという方のために、ムジラボの詳細について紹介していきます。

MUJI Labo(ムジラボ)とは?

MUJI Labo,ムジラボ,解説

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/section/T10013

MUJI Labo(ムジラボ)とは、簡単に言うならば、無印良品のアパレル特化ラインのこと。無印良品の高価格帯ライン(ハイエンドライン)でもあります。

MUJI Labo

隙間がないほどにぎっしり並んだクローゼットよりも、自分の生活に寄り添う、本当に必要なものを数点だけ、ゆとりを持ってしまっているクロゼットに豊かさを感じます。服は本来、たくさん持つ必要はないのかもしれません。MUJI Laboがつくるのは、性別や年齢、体型に関係なく着用できるサイズ感の服たち。飾り立てるファッションから距離を置いた、実験室。ここから、将来の無印良品のベーシックが生まれます。

引用:https://www.muji.com/jp/mujilabo/

MUJI Labo,ムジラボ,解説

https://www.fashion-press.net/collections/gallery/55918/968308

ちなみに、MUJI Labo(ムジラボ)は、2011年にマーガレットハウエルを運営するアングローバル社と提携したことをきっかけに誕生。ちなみに、アングローバル社は「ライフスタイルをデザインする会社」というスローガンをコンセプトに活動している会社です。

そんなこともあって、実際に見ていただけたら分かるのですが、マーガレットハウエルとMUJI Laboのデザインの系統は似ています。

MUJI Labo(ムジラボ)について知っている方は少ないですが、その割には人気が高く、人気アイテムであれば発売開始から数日で売り切れてしまうことも……。

MUJI Labo,ムジラボ,解説

https://www.fashion-press.net/collections/gallery/46902/807676

2017年春夏シーズンからは、かの有名なN.HOOLYWOOD(N.ハリウッド)のデザイナー「尾花大輔」さんがデザインを手掛けており、そのこともあって、MUJI Labo(ムジラボ)の人気度合いにも一気に火がつきました。

MUJI Rabo(ムジラボ)の特徴・魅力

MUJI Labo,ムジラボ,解説

https://www.muji.com/jp/mujilabo/

  • 性別や年齢、体型に関係なく着用できるサイズ感
  • シンプルで削ぎ落とされたデザイン
  • 組み合わせ簡単な色や形

 

MUJI Rabo(ムジラボ)は、この3つをコンセプトに活動中です。

性別を無視したユニセックスアイテムのみを展開し、ハイエンドラインと聞くと上級者向けな気がしますが、その考えを取っ払うシンプルなデザインが特徴であり、魅力でもあります。シンプルですが、どこか英国チックで、垢抜けて見えるのも好印象ですよね。

ユニセックスアイテムのみの展開なので、初めはサイズ感に迷いますが、基本的にXXS~XS・S~M・L~XLの3サイズ展開(※ボトムスは10サイズ展開もあり)なので、1度店頭で試着さえしてしまえば次の購入からはサイズ選びで迷うことはないかと思います。

また、無印良品で出ているアイテムに比べて高価格なだけあり、品質・機能性に関しては頭一つ抜けているのが現状です。

そして、最後に、MUJI Labo(ムジラボ)の服の特徴を1つ紹介。

MUJI Labo,ムジラボ,解説

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550182794335

そう、タグです。

MUJI Labo(ムジラボ)のトップスには全てこれが同じ場所についています。分かる人が見れば「あ、ムジラボだな」と一瞬で分かってしまうこともあり、デメリットだと捉える方も多いようです…。

無印良品のアパレル特化ライン「MUJI Labo(ムジラボ)」を徹底解説~まとめ~

MUJI Labo,ムジラボ,解説

https://www.muji.com/jp/mujilabo/

いかがでしたでしょうか?今回は「無印良品のアパレル特化ライン「MUJI Labo(ムジラボ)」を徹底解説」というタイトルでお話していきました。

結論、MUJI Labo(ムジラボ)は、ミニマル志向の方に向いているラインであり、逆に言えば、装飾を楽しみたいという方には不向きのラインでもあると言えます。ただ、ファストファッションブランドに近い価格帯で質のいい服が買えるとだけあって、非常にコスパも良いです。

まだMUJI Labo(ムジラボ)の服を買ったことがないという方は、1度試してみる価値は十分にあるので是非チャレンジしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました