【RAF SIMONS(ラフシモンズ)】名作・○○期・コラボ・通販・歴史~ブランド紹介~

ラフシモンズ,名作 インポートブランド

今回紹介するブランドは、RAF SIMONS(ラフシモンズ)。独学で学び、ファッション界の異端児とも称される彼が立ち上げたブランドの通販情報・名作・○○期・コラボ・歴史などを含めてブランド紹介という形で詳しくお話していきます。

  1. RAF SIMONS(ラフシモンズ)の歴史・特徴
  2. デザイナー"RAF SIMONS(ラフシモンズ)"の経歴※時系列順
    1. 【ラフシモンズの経歴】1968年/ベルギーにて誕生
    2. 【ラフシモンズの経歴】1995年/RAF SIMONSを立ち上げる
    3. 【ラフシモンズの経歴】1997年/パリメンズプレタポルテコレクションに参加
    4. 【ラフシモンズの歴史】1999年/ルッフォリサーチのデザインを担当
    5. 【ラフシモンズの歴史】2000年/活動休止
    6. 【ラフシモンズの歴史】2001年/コレクション再開
    7. 【ラフシモンズの歴史】2003年/コンテンポラリー・デザイナーコンクール グランプリ受賞
    8. 【ラフシモンズの歴史】2005年/JIL SANDERのクリエイティブディレクターに就任
    9. 【ラフシモンズの歴史】2006年/RAF BY RAF SIMONSをスタート
    10. 【ラフシモンズの歴史】2008年/EASTPAK RAF SIMONSとのコラボ・RAF SIMONS FRED PELLYをスタート
    11. 【ラフシモンズの歴史】2011年/RAF SIMONS 1995・RAF SIMONS HOUSEをスタート
    12. 【ラフシモンズの歴史】2012年/Diorのアーティスティックディレクターに就任
    13. 【ラフシモンズの歴史】2013年/adidas by Raf Simonsをスタート
    14. 【ラフシモンズの歴史】2016年/Calvin Kleinのチーフ・クリエイティブ・ディレクターに就任
    15. 【ラフシモンズの歴史】2017年/デザイナー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞
    16. 【ラフシモンズの歴史】2020年/PRADAの共同クリエイティブディレクターに就任・新ラインRUNNERをスタート
  3. RAF SIMONS(ラフシモンズ)~○○期一覧~
    1. 【ラフシモンズ○○期】1997-1998AW~スクールパンク期~
    2. 【ラフシモンズ○○期】1998ss~Black Palms期~
    3. 【ラフシモンズ○○期】1998-1999AW~Radioactivity期~
    4. 【ラフシモンズ○○期】2001-2002AW~Riot Riot Riot期~
    5. 【ラフシモンズ○○期】2002SS~テロリスト期~
    6. 【ラフシモンズ○○期】2002-2003AW~VIRGINIA CREEPER期~
    7. 【ラフシモンズ○○期】2003SS~消費者期~
    8. 【ラフシモンズ○○期】2003-2004AW~closer期~
    9. 【ラフシモンズ○○期】2004SS~宗教期~
    10. 【ラフシモンズ○○期】2004-2005AW~WAVES期~
    11. 【ラフシモンズ○○期】2005-2006AW~Portergeist(History of the world)期~
    12. 【ラフシモンズ○○期】2014-2015AW~Sterling Ruby期~
  4. RAF SIMONS(ラフシモンズ)のライン
    1. adidas by Raf Simons(アディダス・バイ・ラフシモンズ)
    2. EASTPAK RAF SIMONS(イーストパック・ラフシモンズ)
    3. RAF SIMONS FRED PERRY Collaboration(ラフシモンズ・フレッドペリー)
    4. RAF BY RAF SIMONS(ラフ・バイ・ラフシモンズ)
    5. RAF SIMONS 1995(ラフシモンズ1995)
    6. RAF SIMONS HOUSE(ラフシモンズ・ハウス)
    7. RUNNER(ランナー)
  5. RAF SIMONS(ラフシモンズ)の過去の名作・アーカイブ
    1. 【ラフシモンズの名作】スクールジャケット
    2. 【ラフシモンズの名作】迷彩MA1
    3. 【ラフシモンズの名作】モッズコート
  6. RAF SIMONS(ラフシモンズ)の通販情報~安く買う方法~
  7. まとめ

RAF SIMONS(ラフシモンズ)の歴史・特徴

ラフシモンズ,通販

https://www.fashion-press.net/collections/gallery/57575/998309

RAF SIMONS(ラフシモンズ)は、Raf Simonsが1995年にスタートし、ベルギーとフランスを拠点に活動しているラグジュアリーブランド。元々インテリアデザイナーをしていた彼ですが、あのアントワープの6人のうちの1人であるMartin Margiela(マルタン・マルジェラ)に影響を受け、ファッションの仕事をするようになります。

ラフシモンズ,通販

https://www.fashion-press.net/collections/gallery/46178/795387

ラフシモンズのデザインの特徴は、テーラードとユースカルチャーの融合。反抗的な若者文化にインスピレーションを受けているため、攻撃的で力強いデザインが特徴的です。モードかつストリートやパンクを感じさせるようなデザインは、オリジナリティーがあふれており、現在のストリートモードのパイオニアとも称されています。

ラフシモンズ,通販

https://www.fashion-press.net/collections/gallery/56285/974172

近年では、ヒップホップ界やストリートシーンのスケーターが多く着用していることから人気が右肩上がり。それと共にアーカイブコレクションの人気も高騰しており、当時の10倍以上の値が付くアイテムも存在しています。

ラフシモンズ,通販

https://www.fashion-press.net/collections/gallery/56285/974138

ラフシモンズがデザインする服の特徴としては、春夏シーズンはノースリーブや脚出しを美学としていること、ビビットなカラーリングビッグシルエットユースカルチャーの具現化、フォルムの綺麗なテーラリングなどが挙がります。一目見るだけでラフだと分かるくらいに明確で、それがまた面白かったりします。

デザイナー"RAF SIMONS(ラフシモンズ)"の経歴※時系列順

ラフシモンズ,通販

https://www.fashion-press.net/collections/gallery/24237/418852

【ラフシモンズの経歴】1968年/ベルギーにて誕生

ラフシモンズは、1968年にベルギーのニールペルト郊外で生まれます。元々はファッションとは関係のないように思える工業大学を出ており、卒業後はインテリアデザイナーとして活動。Walter Van Beirendonck(ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク)のアントワープオフィスでの仕事をきっかけにファッションに興味を持ちます。

【ラフシモンズの経歴】1995年/RAF SIMONSを立ち上げる

1995年、自身のブランドであるRAF SIMONS(ラフシモンズ)を立ち上げます。アントワープ王立美術アカデミーのファッション学科ディレクターLinda Loppa(リンダ・ロッパ)の後押しもあり、1995AWシーズンにミラノの展示会で初のコレクションを発表します。

【ラフシモンズの経歴】1997年/パリメンズプレタポルテコレクションに参加

1997~1998AWシーズンに初めてパリメンズプレタポルテ・コレクションに参加します。90年代後半から2000年代初頭にかけてほとんど公に顔を出さず、まるでマルタン・マルジェラのようなミステリアスなデザイナーとして認知されます。この頃のコレクションに登場した服は今でも人気があり、中には100万円を超えるプレ値が付くものも存在します。

【ラフシモンズの歴史】1999年/ルッフォリサーチのデザインを担当

ラフシモンズは、1999春夏と1999-2000秋冬のルッフォリサーチのデザインを担当します。ルッフォリサーチは、PRADAやDOLCE & GABBANAなどのラグジュアリーブランドにも高品質レザーを提供しているプロジェクトで、若手有名デザイナーを起用しています。

【ラフシモンズの歴史】2000年/活動休止

1999秋冬シーズンをもって、自身のクリエーションに納得がいかないという理由で、見直す時間をつくるために約1年間コレクションを休止します。この間、ファッションの講師を行ったりもしていました。

【ラフシモンズの歴史】2001年/コレクション再開

2001-2002秋冬シーズンにデザイングループを結成し、コレクションを再開します。何枚も重ね着したスタイルが話題になり、注目を集めました。

【ラフシモンズの歴史】2003年/コンテンポラリー・デザイナーコンクール グランプリ受賞

ラフシモンズは、2003年にスイスのルツェルンで行われたコンテンポラリー・デザイナーコンクールのグランプリを受賞します。

【ラフシモンズの歴史】2005年/JIL SANDERのクリエイティブディレクターに就任

2005年にJIL SANDER(ジルサンダー)のクリエイティブディレクターに就任。ジルサンダーにしては少し攻めたデザインだったり、シャープなシルエットをした服もあったりと一風変わったジルサンダーを楽しめると思います。ちなみに、2012年には退任しています。

【ラフシモンズの歴史】2006年/RAF BY RAF SIMONSをスタート

2006春夏シーズンにラフシモンズのディフュージョンラインであるRAF BY RAF SIMONS(ラフ・バイ・ラフシモンズ)の展開をスタートします。簡単に言えば、このラインはメンズウェアのセカンドラインのことで、メインラインよりも価格帯が低く、より多くの消費者に行き届くよう活動していましたが、2011年には終了しています。

【ラフシモンズの歴史】2008年/EASTPAK RAF SIMONSとのコラボ・RAF SIMONS FRED PELLYをスタート

ラフシモンズは、2008春夏にEASTPAKとのコラボであるEASTPAK RAF SIMONS(イーストパック・ラフシモンズ)を発表します。主にバッグを展開しており、今でも取り扱いがあります。

また、2008年秋冬シーズンよりFRED PELLYとのコラボラインであるRAF SIMONS FRED PALLEY Collaboration(ラフシモンズ・フレッドペリー コラボレーション)をスタートし、シンプルなデザインにラフシモンズらしいエッセンスを加えた服が反響を呼んでいます。

【ラフシモンズの歴史】2011年/RAF SIMONS 1995・RAF SIMONS HOUSEをスタート

ラフシモンズは、2011年にRAF SIMONS 1995(ラフシモンズ1995)RAF SIMONS HOUSE(ラフシモンズ・ハウス)スタートします。ラフシモンズ1995は、ブランドがスタートした1995年になぞらえて名づけられたラインでブランド設立15周年を記念してスタートしたもの、ラフシモンズ・ハウスは、ホームウェアを展開するラインです。

【ラフシモンズの歴史】2012年/Diorのアーティスティックディレクターに就任

ラフシモンズは2012年にDior(ディオール)のアーティスティックディレクターに就任しました。この期間のものは「ディオールと私」というタイトルで映画化されているので1度見てみることをおすすめします。ちなみに、ディオールのアーティスティックディレクターは2015年に退任しています。

【ラフシモンズの歴史】2013年/adidas by Raf Simonsをスタート

ラフシモンズは2013年にadidasとのおラボレーションラインであるadiadas by Raf Simons(アディダス・バイ・ラフシモンズ)をスタートしました。こちらは今も人気の高いコラボラインで、特にスニーカーの人気は高騰しています。

【ラフシモンズの歴史】2016年/Calvin Kleinのチーフ・クリエイティブ・ディレクターに就任

ラフシモンズは、2016年にCalvin Klein(カルバンクライン)のチーフ・クリエイティブ・ディレクターに就任します。これはカルバンクラインの転機にもなった就任で、売り上げにはつながらなかったものの、かなり好評でした。ちなみに、2018年に退任しています。

【ラフシモンズの歴史】2017年/デザイナー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞

ラフシモンズは、2017年にCDCFファッションアワードのメンズ・ウィメンズ部門両方でデザイナー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞します。

【ラフシモンズの歴史】2020年/PRADAの共同クリエイティブディレクターに就任・新ラインRUNNERをスタート

今年2020年4月にミウッチャ・プラダと共同で、PRADA(プラダ)のクリエイティブディレクターに就任します。2021年春夏シーズンがラフシモンズが就任してからのファーストコレクションになるので楽しみですね。

また、ラフシモンズは新たな試みとして2020年秋冬シーズンからシューズメインの新ラインRUNNER(ランナー)をスタートする予定です。スニーカーからレザーブーツまで取り扱いがあり、今までのスポーツテイストな靴とは一線を画しています。

RAF SIMONS(ラフシモンズ)~○○期一覧~

ラフシモンズには、「○○期」と称された(※公式ではない)シーズンがいくつか存在します。ここでは、私が知っている○○期について時系列順にいくつか紹介していきます。

【ラフシモンズ○○期】1997-1998AW~スクールパンク期~

ラフシモンズ,通販

https://www.pinterest.jp/pin/10485011617593037/

ラフシモンズのスクールパンク期は、名前の通りスクールテイストなコレクションのシーズン。テーラードジャケットやネクタイ、胸元の学生を象徴するロゴが特徴的です。学校をテーマにしたコレクションは珍しく、ファッション業界にも衝撃を与えました。

【ラフシモンズ○○期】1998ss~Black Palms期~

ラフシモンズ,通販

https://www.pinterest.jp/pin/566257353126466292/

ラフシモンズのBlack Palms期は、イングランド出身のパンク・ロックバンドSex Pistolsをテーマにしたシーズン。大胆にも上半身裸でランウェイを歩いたり、ほぼ白と黒で構成された勢いのあるコレクションでした。

【ラフシモンズ○○期】1998-1999AW~Radioactivity期~

ラフシモンズ,通販

https://www.pinterest.jp/pin/309692911846291999/

ラフシモンズのRadioactivity期は、Kraftwerkの1975年のRadioactivityにインスピレーションを受けてコレクションを発表したシーズン。珍しく比較的クリーンでミニマルにデザインしたシーズンでもあり、エレガントな印象の強いアイテムがそろいます。

【ラフシモンズ○○期】2001-2002AW~Riot Riot Riot期~

ラフシモンズ,通販

https://www.pinterest.jp/pin/546061523570549940/

ラフシモンズのRiot Riot Riot期は、別名:暴動期とも呼ばれるウェールズのManic Street Preachersというロックバンドからインスピレーションを受けてコレクションを発表したシーズン。当シーズンのマルタン・マルジェラの影響を受けたであろう特大フード付きパーカーを機に、ビッグシルエットのコートがラフシモンズの代名詞的存在となります。

【ラフシモンズ○○期】2002SS~テロリスト期~

ラフシモンズ,通販

 

https://www.pinterest.jp/pin/425097652328325229/

ラフシモンズを語る上で欠かせないのがテロリスト期。略してテロ期と呼んだりもしますが、おそらくアーカイブの中では1番人気の高いシーズンだと思われます。黒、白、赤などの単色で構成された服装が印象的で、テロリスト巻きと呼ばれる頭に巻いたストール姿が反響を呼びました。

【ラフシモンズ○○期】2002-2003AW~VIRGINIA CREEPER期~

ラフシモンズ,通販

https://www.pinterest.jp/pin/57632070218369436/

ラフシモンズのVIRGINIA CREEPER期は、自然環境にインスピレーションを受けたシーズン。代名詞でもあるビッグシルエットのデザインが顕著に表れており、色遣いは全て自然に着想を得ています。自然の美しさと相反する脅威を感じさせるようなコレクションでした。

【ラフシモンズ○○期】2003SS~消費者期~

ラフシモンズ,通販

https://www.pinterest.jp/pin/515451119849935514/

消費者期は、ラフシモンズ自身の消費に対する考え方をデザインに起こしたシーズン。複雑なディテールが多く遊び心がありつつも、機能面では案外実用的で、ミリタリーテイストな服が多めな印象でした。これまでのコレクションと比較しても現在のラフシモンズ寄りなデザインが多いです。

【ラフシモンズ○○期】2003-2004AW~closer期~

ラフシモンズ,通販

https://www.pinterest.jp/pin/515451119835679018/

ラフシモンズのcloser期は、グラフィック感が強く知名度の高いシーズン。グラフィックモッズコートや、プリントパーカー、ビッグシルエットMA1など芸術性に富んだ名作が多く発表されました。

【ラフシモンズ○○期】2004SS~宗教期~

ラフシモンズ,通販

https://www.pinterest.jp/pin/515451119850249281/

ラフシモンズの宗教期は、ヘルマン・ヘッセの小説「シッダールタ」をテーマにしたシーズン。宗教チックな怪しい雰囲気が印象深く、生地の薄さや素材、ダボつきで上手く表現されていました。中でも、首から下げたストーンビーズネックレスの知名度が高く、現在でも人気なアクセサリーです。

【ラフシモンズ○○期】2004-2005AW~WAVES期~

ラフシモンズ,通販

https://www.pinterest.jp/pin/38069559337129175/

ラフシモンズのWAVES期は、ネック付きパーカー、ビッグシルエットのニットなどが目立ったシーズン。コレクションの前半には黒を多く使用するなど、この辺のコレクションからラフシモンズのモード色が徐々に出てきた印象です。

【ラフシモンズ○○期】2005-2006AW~Portergeist(History of the world)期~

ラフシモンズ,通販

https://www.pinterest.jp/pin/106116134958064266/

ラフシモンズのPortergeist期は、1982年のアメリカ映画「ポルターガイスト」と1979年のフランス映画「ファンシネーション」という2作のホラー映画からインスピレーションを受けてコレクションを発表したシーズン。中でも画像のモッズコートの人気が高く、かなりの値が付いています。

【ラフシモンズ○○期】2014-2015AW~Sterling Ruby期~

ラフシモンズ,名作

https://www.pinterest.jp/pin/357262182932536596/

最近のコレクションで最も注目されているのが2014-2015AWシーズンのSterling Ruby期。Stering Rubyは、ドイツ出身のアメリカで活躍している芸術家で、陶磁器や絵画、ファッションなど他にもたくさんのメディアで活躍しています。彼らしいペンキが飛び散ったようなデザインや、落書きのようなデザインがとてもユニークなシーズンです。

RAF SIMONS(ラフシモンズ)のライン

adidas by Raf Simons(アディダス・バイ・ラフシモンズ)

ラフシモンズ,通販

adidas by Raf Simons(アディダス・バイ・ラフシモンズ)ラフシモンズの中でも最も知名度の高いコラボラインです。特にadidasのStan Smith(スタンスミス)とのコラボの知名度が高く、現在でも多くの方が着用しています。ちなみに、上の画像は定番のOzweego(オズウィーゴ)というモデルで、重厚感あるフォルムと大胆な配色が特徴的です。

EASTPAK RAF SIMONS(イーストパック・ラフシモンズ)

ラフシモンズ,通販

https://www.pinterest.jp/pin/797981627708807922/

EASTPAK RAF SIMONS(イーストパック・ラフシモンズ)は、イーストパックとのコラボライン。リュックやショルダーバッグなどを展開しています。両ブランド共に若者カルチャーをデザインの根底に置いており、斬新ですが、手に取りやすいギリギリのラインを攻めたバッグがたくさん展開されています。

RAF SIMONS FRED PERRY Collaboration(ラフシモンズ・フレッドペリー)

ラフシモンズ,名作

https://www.fashion-press.net/news/gallery/18727/320805

2008年にスタートしたラフシモンズとフレッドペリーのコラボラインであるRAF SIMONS FRED PERRY(ラフシモンズ・フレッドペリー)。ラフシモンズ自身が学生時代にフレッドペリーの服を着ていたことや、ラフシモンズへのリスペクトを口にしていることから、お互いを理解しあっている名作コラボだと言えます。

デザインとしては、フレッドペリーらしくない多色使いであったり、ラフシモンズらしくないクリーンなデザインが特徴的で、コラボならではの良さが目立ちます。

RAF BY RAF SIMONS(ラフ・バイ・ラフシモンズ)

ラフシモンズ,名作

RAF BY RAF SIMONS(ラフ・バイ・ラフシモンズ)は、2006年にスタートしたラフシモンズのディフュージョンライン。メインラインでのアイテムが高くて買えない層に向けて設立されたラインで、そこまで服に興味がない方にも手に取ってもらえるよう普及の意味が込められています。ちなみに、現在は終了しているので入手経路は古着のみです。

RAF SIMONS 1995(ラフシモンズ1995)

ラフシモンズ,名作

 

https://www.fashionsnap.com/article/2011-08-18/raf-simons-restart/

ラフバイラフシモンズが終了したのちスタートしたのが、こちらのRAF SIMONS 1975(ラフシモンズ1975)というライン。ベーシックウェアという位置付けで、過去の名作をリアルクローズチックに置き換えて展開しています。

RAF SIMONS HOUSE(ラフシモンズ・ハウス)

ラフシモンズ,名作

https://www.pinterest.jp/pin/269230883962868251/

RAF SIMONS HOUSE(ラフシモンズ・ハウス)は、ホームウェアを展開するライン。クッションカバーやブランケット、エプロンなどを販売しており、意外性のあるラインですよね。当然のことながら、発表のあったPOPEYE2011年9月号でも話題になりました。

RUNNER(ランナー)

ラフシモンズ,通販

https://www.fashion-press.net/news/gallery/57071/998358

2020年秋冬シーズンスタートする予定のシューズラインRUNNER(ランナー)。ボリューム感あるスニーカーからブーツまで展開予定ですが、いずれもクリーンな印象で特別感があります。個人的に、かなりドストライクなデザインなので注目しています。

RAF SIMONS(ラフシモンズ)の過去の名作・アーカイブ

ラフシモンズは、2000年代前半からビッグシルエットの服をデザインしていたり、ダッドシューズを展開していたりと時代の先取りに長けていました。ここでは、ラフシモンズのアーカイブコレクションの中でも特に人気の高い名作について触れていきます。

【ラフシモンズの名作】スクールジャケット

ラフシモンズ,名作

https://www.pinterest.jp/pin/684265737125271785/

ラフシモンズが復帰してすぐの1997-1998秋冬シーズンスクールパンク期に登場したスクールジャケット。定価は10万円以下ですが、オークションでは100万円越えで取引されています。流通している数自体少ないので見かけたら超ラッキーです。

【ラフシモンズの名作】迷彩MA1

ラフシモンズ,通販

https://www.pinterest.jp/pin/515451119851202803/

2000-2001秋冬に登場した迷彩柄のMA1。FOSTEX GAEMNTSのボディが使用されており、ボディ時代の値段は2万円程なのに関わらず、100万円以上、高いものでは47,000$(約535万円)で落札されたことで世界に衝撃が走りました。ちなみに、このMA1が現在ラフシモンズの中で最も高いとされている服です。

【ラフシモンズの名作】モッズコート

ラフシモンズ,名作

https://www.fashion-press.net/collections/gallery/9376/164476

ラフシモンズのコレクションの中でも共通して名作だと称されているのがモッズコート。特にPortergeist期closer期Sterling Ruby期のモッズコートの人気が高く、画像のStering Ruby期のモッズコートは、カモフラージュボディに施されたグラフィックパッチや、消費者期にも採用された鮫のデザインが目を引きます。

RAF SIMONS(ラフシモンズ)の通販情報~安く買う方法~

ラフシモンズ,名作

https://www.fashion-press.net/collections/gallery/9376/164397

結論、ラフシモンズを日本で安く購入する方法はSSENSE(エッセンス)で購入することです。基本どこのセレクトショップや通販サイトよりも安く、各シーズンの終盤にはセールで最大70%OFFになるのでかなりお買い得です。送料は一律2,750円ですが、35,000円以上購入の際には無料になるので控えめに言って神がかっています。

また、SSENSEは海外の会社が管理している正規の通販サイトなので偽物を購入する心配もありません。寸法確認可能な上に、サイズ・アイテム数共に豊富なので是非チェックしてみてくださいね。過去の名作を購入したい方は、ヤフオクをチェックすることをおすすめします。

まとめ

ラフシモンズ,名作

https://www.fashion-press.net/collections/gallery/46178/795400

いかがでしたでしょうか?今回は「【raf-simons(ラフシモンズ)】名作・○○期・コラボ・通販・歴史~ブランド紹介~」というタイトルでお話していきました。

ラフシモンズは、テロ期、宗教期など名前からしてヤバそうなシーズンがたくさんありますが、実際デザインもかなり攻めたものが多い印象です。特に、復帰後から2000年代初頭にかけてのアーカイブアイテムは有名アーティストが着用していたことから多くのアイテムにプレミアがついています

そういえばですが、今年2020年12月頃にブランド設立25周年を記念してアーカイブ100点が復刻するらしく、名シーズンのアイテムもいくつか復刻するようなので胸熱ですね。どれくらいの価格設定なのかは定かではありませんが、もしかすると激レアアイテムが1/10くらいで購入できるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました